腸内環境を整える事が便秘解消に繋がる

腸内環境を整える事が便秘解消に繋がる

私たちの体内には常在菌という菌類が存在しています。
悪い菌もいればいい菌もいますが、通常、良い働きをする菌類の方が優位に立っているため、健康的な生活を送る事が出来るのです。
腸内にも常在菌が存在し、善玉菌・悪玉菌・日和見菌に分けることができます。

善玉菌はビフィズス菌など乳酸菌を中心とした菌類で、腸内でよい働きをしてくれます。
逆に悪玉菌は、腐敗させる働きが強く悪さをする菌類なので、善玉菌よりも多くなってしまうと腸内環境が悪くなっていきます。
日和見菌は普段何もしない菌類なのですが、悪玉菌が腸内に多くなっていくと、日和見菌もそれに倣い、悪い働きをするようになってしまいます。

悪玉菌が多くなると腸内腐敗をおこし、腸内環境を悪化させてしまうので便秘になりやすくなったり、便秘を促進する等いいことがありません。
常に善玉菌が優位な状態にある事が、腸内環境を良くし、便秘解消にもつながるのです。

善玉菌を増やすためには乳酸菌などの善玉菌を増殖させる効果のある菌類を、定期的に継続的に摂取する事が必要です。
ヨーグルトなどを毎日継続的に食べることで、善玉菌を増殖させることができます。
便秘解消には、まず、腸内環境を整えることが大切なので、善玉菌が増える食材をしっかり摂取し、便秘解消につなげていきましょう。