便秘解消法の中でも痙攣性便秘に対する対策

便秘解消法の中でも痙攣性便秘に対する対策

日本人に最も多い便秘が弛緩性便秘です。
便を押し出す筋力が弱く、加齢や腹筋力の低下などから起こる一般的な便秘です。
こうした一般的なもののほかに、最近多くなっているのが痙攣性のものです。
この痙攣性の便秘は心に対する要素が強いので、なかなか便秘解消が難しいものです。

痙攣性のものというのは、ストレスを受けることで発生する事が多く、自律神経の乱れによって腸が正常に働かなくなる便秘です。
便を押し出す力がストレスなどによって強くなりすぎて、蠕動運動が痙攣を起こしたような状態になり、便が出せなくなるという状態です。

この痙攣性ものの場合、下痢と便秘を繰り返すという特徴があり、出ないと思ったらお腹が急に痛くなりいきなり下痢になるなど、社会生活にも支障をきたす恐れがあります。
強烈な腹痛を起こしますので、この便秘はかなり苦しいです。

こうした便秘を解消するためには、リラックスする、ストレスを軽減する方法を得ておく必要があります。
ストレスを感じたらハーブティーなどを飲みゆったりした気持ちになる手段を持っておく、自宅に帰ったらゆったりする時間を作り、アロマオイルなどを浴槽に垂らしてリラックスできる環境を作るなどしてみましょう。
あまりにもひどく下痢や便秘を繰り返す場合、その他の病気も考えられますので、一度しっかり医師に検査をしてもらう事も必要です。