便秘解消は温湿布効果で対応出来る

慢性的な便秘に陥っている人の多くが冷え性となっています。
心身代謝が悪く、血液の流れが悪いため腸も冷えている状態です。
こうした冷えは、ダイエットにも大きく影響し、便秘や冷えがダイエットの支障となる事も少なくありません。

普段から足元・腰・首元を冷やさないようにすることが大切ですが、温湿布を行うと効果的です。
タオルを水で濡らし適度に絞り、ラップを巻いて2分程度チンします。
少し熱を摂ってやけどをしないような温度になったら、お腹の上に乗せます。
こうした温湿布を何度か繰り返し行うと、お腹の中まで暖まり、血液の流れもよくなるので腸の蠕動運動が促進され、便秘解消の手段となるのです。

首元や足先なども冷えやすいという人は、お風呂に入った際に少し厚めのお湯をおけにいれて足を温めたり、浴槽につかっている時に首元が冷えないようにタオルをかけておくなどすると温湿布効果が得られます。
最近は、レンジでチンするタイプの温湿布が市販されていますので、こうしたものを利用して、気軽に温湿布を行ってみるといいでしょう。
体が温まるので寝る前に行うと、リラックス効果も得られ、安眠できるという事もあります。
リラックスすることは便秘にも効果的なので、便秘解消の方法として、温湿布も定期的に行っていくといいでしょう。